ヒューマンドキュメンタリー映画祭・阿倍野|第15回・2017年度映画上映

第15回(2017年6月24日・25日)

パンフレット表面をダウンロード→(PDF形式ファイル)

パンフレット裏面をダウンロード→(PDF形式ファイル)

「いのち」を見つめ続けて…
『ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》』は、これまでたくさんの人々に支えていただきながら、さまざまな人々の生き様を描いた優れたドキュメンタリー映画祭を上映し続け、日本を代表するドキュメンタリー映画祭のひとつとして知られるようになりました。
これまで応援してくださったみなさまこ深く感謝し、「ありがとう|の気持ちと共に、6月24日(土)・25日(日)、『ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2017」を開催いたします。
今年は、福祉ドキュメンタリーの原点、「夜明け前の子どもたち」を上映、映画という「いのち」と出逢い、映画祭という舞台で、観客とともに「いのち」を観つめ続けたいと思います。
差別や、偏見や、イジメ…暴力、武力による支配…私達の社会は決して平和とは言えません。自由とは言えません。大声をあげるわけではなく、静かに押しもどそう・・・ではありませんか。
また、2005年から2016年まで開催した、アマチュア作家の登竜門でもあったヒューマンドキュメンタリーコンテストの最優秀賞受賞作品のうち、3作品を上映します。

ごあいさつ

総合プロデューサー・伊勢 真一からのあいさつはこちら→

上映プログラム

「共に生きる」という原点を大切に、
ヒューマンドキュメンタリー映画という、
さまざまな人々の生き様をテーマにした作品を上映し、
映画を鑑賞することにより、
自然な形で「人権」「障がい」「共生」について考える契機になれば・・・
私達は何故、ヒューマンドキュメンタリー映画祭を始めたのか?
15年を支えた情熱は何だったのか?
『ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2017』は、
昨年度以上に原点ということを意識したプログラムです。
※下記の各タイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

6月24日(土)

10:00~ 開会式
コンテスト最優秀賞作品上映
・羽包む(はぐくむ)(2005)
・学校を辞めます(2008)
・軍属だったおじいちゃん(2016)
12:00~ うたごころ《2012年版》(112分)
榛葉 健 監督
15:00~ 夜明け前の子どもたち(120分)
柳澤 寿男 監督
17:00~ ドキュメント・トーク
玉村 公二彦 (奈良教育大学教授)
西村 信子 (「奈緒ちゃん」のお母さん)
伊勢 真一 監督
18:30~ 奈緒ちゃん(98分)
伊勢 真一 監督

6月25日(日)

10:00~ シバ 縄文犬のゆめ《字幕付》(99分)
伊勢 真一 監督
12:30~ 花はんめ(100分)
金 聖雄 監督
15:00~ やさしく なあに〜奈緒ちゃんと家族の35年〜
(仮題)未完成版
伊勢 真一 監督
17:00~ ドキュメント・トーク
金 聖雄 監督
榛葉 健 監督
伊勢 真一 監督 他
18:00~ 閉会式

2005~2016年コンテスト最優秀賞紹介

各受賞者のトーク内容はこちらをクリック→

↑ PAGE TOP